黒留袖のレンタル、息子が挙式する結婚式場の貸衣装を格安で利用

wedding_oya

息子の結婚式に、新郎母用(私)として黒留袖、父用としてモーニングをレンタル。

息子が挙式する結婚式場の貸衣装を利用したので格安となりました。

レンタルの価格は、黒留袖(草履・バッグ)一式、モーニング一式(靴含む)、合わせて54,000円と、予算よりもお値打ちにいいものを借りることができました。

長男の結婚式なので何もかもが初めて。

黒留袖のレンタルについても「どうしたもんじゃろ~?」と途方に暮れていましたが、すんなり解決。

また、値段以外にもメリットが多いと感じた、結婚式場での黒留袖レンタルについての感想などをまとめましたので、どうぞご覧ください。

スポンサードリンク

黒留袖・モーニングのレンタル料金が格安となった理由

まず、実際の、黒留袖一式とモーニング一式のレンタル料金の写真を載せます。

isyou1

結婚式場でのレンタルで、私の選んだ新郎母の黒留袖セットの値段は
●黒留袖一式セット 10万8000円、草履・バッグ 2,700円で、合計11万700円。

そして、新郎父のモーニング一式の値段は
●モーニング32,400円、シャツセット5,400円、靴2,160円で合計39,960円

黒留袖とモーニングのレンタル料金を合計すると普通なら…150,660円

けっこう「え~!?」という値段となりました。
いくら留袖もモーニングも真新しく綺麗で豪華!とはいえ、15万円は私には高すぎ。
レンタル代としては高すぎ?なのではないかな~と思いました。。

実際のところ、自分達が結婚式を挙げもしない結婚式場で、黒留袖やモーニングのセットだけを借りると言うのはあまりないのでは?と思い。
そういう点からも、この価格は高めなのではないかな?と。

ですが、写真をご覧いただくとおわかりのように…合計価格は格安になり、請求金額は5万4000円となっています。
なぜこんなに格安になったのかと言いますと、結婚式場を選ぶ際に、息子達が「内覧会」のキャンペーンに参加していたから なんです。
式場選びの際、いろいろな式場へ行ってチェックしていたようですが、親の貸衣装代までは気がまわるはずはないので、留袖やモーニングなど親族の貸衣装代にこんなメリットがあるなんて、息子達からは聞いていなかった。

だから、降って湧いたような、格安となるレンタル料金の特典に驚き、喜びました~。

こういうこともあるかもしれないので、留袖やモーニングなど、親族の貸衣装も行っている結婚式場で挙式する場合、一度確認されることをおすすめしたい と思うのです。

式場で借りると「実はかなりお得に黒留袖やモーニングをレンタルできる」場合もあるかもしれない? 

それを知らずに貸衣装屋さんで借りて、そっちの方が高かった…という場合もあるかも知れないかとも思ったのです。

それに、もし同じくらいのレンタル料金だったら、結婚式場で黒留袖をレンタルして、着付けとセットもお願いしておけば、後でも書きますが、当日とても楽なんです。

※私の場合、黒留袖のレンタル一式セットに含まれていないのは、足袋だけ。
足袋だけを(夫は靴下だけ)持って当日出向きました。身軽でした~ 笑。

黒留袖を結婚式場でレンタル。メリットいっぱいでした。

結婚式場でレンタルしようと決める前は、ネットでも黒留袖のレンタルについていろいろと調べました。

私が借りようと思っていた黒留袖の値段は、あまり安い留袖もどうかと思い、草履・バックのセットで4万円以内程度のものならいいかな~ と漠然と感じていました(挙式半年ほど前)。

この値段なら、ネットでのレンタルでも悪くないかも?
とも思っていたのですが、実際に試着して比べることができないのがやはりどうしても不安で踏み切れず。

近隣に貸衣装屋さんがないこと、行ったことのある貸衣装屋さんの衣装は、昔からあるお店なのですが、衣装が今一つぱっとしなかった記憶があったので、そちらもまた二の足を踏み。
時間もまだあることだし…と、保留状態となっていました。

そこへ、息子達が「式場でも借りられるよ」と言ってくれたので、せっかくそう言ってくれるのだから…と、黒留袖・モーニングのレンタルの試着に、挙式予定の結婚式場へ出かけてみることにしたのです。
式の2ヶ月半ほど前、電話で試着の予約をして出かけました。

黒留袖は、Mサイズ、Lサイズの2種に分けられており、さらに柄・柄の色合いによって年配者向けと、一般的な母親の年齢層向け(40~50、60代前半くらいか?) に分かれていました。

どれも真新しい、ばりっとしたきれいな状態の留袖が並んでいました。
レンタル日が重なっているといけないので、第2候補まで選んで下さいと言われました。

どれも綺麗な衣装ばかりで、だんだんうきうき気分になりました。
初めて黒留袖を着て(軽くはおる試着をして)感じたのは、
「やっぱり試着してよかった~!」ということです。

黒留袖って、顔の周りは「黒」なのだから、似合うとか似合わないとか、そんなに違いはないのでは?
と漠然と思っていたのですが…いえいえ、そんなことはないんですね。

確かに顔まわりは黒ですが、柄ゆき、柄の出方や柄の色、金糸などによって、印象がずいぶん変わるものなんですね。

・身長が150cmなので、最初に気にいった裾模様がたっぷり入った留袖だと、着た時に、前面、帯の下から見える黒地の部分が少なくなり、なんだかスキッとしなかったり…

・加賀友禅の黒留袖も好きだったのですが、試着してみると私の場合はどうも地味に見えたり。。

全体の印象がほんとに違うんです。
身長や顔立ち、雰囲気によって、似合う似合わない…というか、よりきれいに見える、お洒落に見える、今一つパッとしない…というのがあるんですね。

自分で選んでみた5~6枚を試着しても決めきれなくて、結局、
「おめでたい席なので、品よく華やかものをお勧めします」との担当の方のおすすめに従って決めました。

帯やバッグ・草履は着物に合うものをコーディネイトして揃えてくれます。もうすっかり信頼して、おまかせ状態でなんの不安もありません。扇子もついていましたよ。

スポンサードリンク

似合うと言ってもらえた黒留袖が決められて、ひと安心。
担当の方が、写真を撮って渡してくれました。
これはなんのためかというと、式までに髪飾りを自分で用意する場合に、記憶が曖昧になって勘違いをし、違う雰囲気の髪飾りを買って用意した方がいたそうで、そういうことのないように という、心細やかな配慮によるものです。

結婚式当日の着付けと髪のセットもお願いして、黒留袖に合う髪飾りもその際に購入できるとのことだったので、事前に髪飾りを買う予定のない私には必要ないものでしたが、衣装が確認できるということはどこか安心です。
※アップの髪型に合わせて、2,000円程度のパールの簪状の髪飾りを当日購入してつけました。着付けと髪のセットの料金は、合計で7,500円程度でした。

…と、このように、息子の結婚式の、私達両親の留袖とモーニングについて、漠然と「どうしようか~」と考えていたことが、一気に解決しました。

しかも、夫のモーニング一式レンタルと合わせて5万4千円という格安料金になりました。
(夫も、ワイシャツなど全てのサイズ合わせが行われ、「これで完璧」という感じ)

結婚式当日の写真です。

結婚式当日の写真です。

そしてさらに。式場でレンタルしたことで、結婚式当日がとてもラク でした。

結婚式の2時間半前に洋装でさっと到着し、そこで着付けとセットが済むので、貸衣装屋で借りて~それを持って美容院へ行って~式場へ向かって~式の後、お返しに行って~という手間がない。

美容師さんも式場出入りの方なので非常に手際もよく、慣れていて、日頃したことのない髪のアップはちょっと不安だったのですが、
「前髪をちょっと厚めに降ろすと、若々しい感じになりますよ~」
と言ってくださったので、
「では、それでお願いします」
と安心しておまかせできました。

式が終わった後も、着付け用の部屋でささっと脱いでざっとまとめ、小物類も含めた全てを渡された袋に入れ、お返しして…来た時の洋服に着替えて、終わり。
貸衣装屋さんへ返しに行かなくてもいいですし。
なんて簡単なんだろう~!
と、ほんとにありがたく思いました。

…などなどの点で、結婚式場での黒留袖やモーニングのレンタル利用というのは、メリットがいっぱいだと感じました。

お値段については、私の場合は、気にいった黒留袖を借りることができ、幸いにもレンタル料金も格安となりましたが、もし、レンタル料金が貸衣装屋さんより若干高かったとしても、便利さは格別だと思います。
なので、もしどうしようかと途方にくれている方がいらしたら、
それがもし私のお友達だったとしたら、
まず、挙式予定の結婚式場で黒留袖を借りることができるかを確認し、黒留袖レンタルのお値段を聞いてみる、そして、どんな感じのものが揃っているのかを見に行ってみる…などをお勧めします。
結婚式場によって様々だとは思いますが、一度調べてみるといいと思います。
挙式予定の身内の衣装レンタルということで、ていねいに大切に、感じよく応対してくれるはず。
けっこう楽しい時間を過ごせますよ~。

結婚式当日も、新郎新婦の母として、自分が納得のいく衣装で結婚式を過ごせるということは、思っている以上に自分自身も嬉しいものでした。

どうか皆さまも、素敵な黒留袖レンタルで、ご子息・お嬢様の結婚式の佳き一日を過ごされますように。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする