ほうれん草の料理法 我が家で大人気の栄養たっぷりレシピ

hourensou1

ほうれん草の料理法と言えば、まず茹でて、そしておひたし。

かつお節をかけて、お醤油をかけて。
あるいはごま和えにして。

というレシピを長年ずーっと作り続けてきました。

時に安くなっていて、ほうれん草を2束買ったときなどは、まず茹でてからベーコンやきのこ類、卵、トマトと炒めたり。
といった、レシピを見るまでもないような料理法に終始していました。

が。

この冬、我が家に、クックパッドで知った新しいほうれん草レシピが登場。

大人気の栄養たっぷりほうれん草定番メニューとなりました。

また、茹で方も画期的な方法を知り、ほうれん草を茹でるのがとっても簡単になりました。
↑この茹で方もページ下方でお知らせします。

スポンサードリンク

ほうれん草の料理 我が家で大人気の新登場レシピ

●ほうれん草とトマトのツナドレッシング

hourensou

クックパッドで知り、作りたくなって、作ってみたら、これが大成功。
初めて作ってすぐに定番メニュー入りしました♪

ほうれん草をメインに、トマトやツナも加えたボリュームたっぷりのサラダです。

材料 (3人分)
ほうれん草 1把
トマト 大1個
ツナ 小1缶

オリーブオイル  大匙2
醤油  大匙1
おろしニンニク 1片
レモン汁 大匙1
砂糖  小さじ1
塩  加減して少々
黒胡椒  少々

レシピURLクックパッド https://cookpad.com/recipe/240472

作り方は簡単です。

オリーブオイル以下の調味料、おろしニンニクを混ぜ合わる→ツナを入れる→茹でて水気を切り、切ったほうれん草と和える→トマトも加えてさっくり味をなじませる。

これだけです。
レシピではトマトは皮を剥いていますが、私は皮もそのままです。

オリーブオイルとレモン、お醤油、すりおろしたガーリックで味がぴたりと決まっています。

私はポッカレモンを使っていますが、レモンのきりっとした酸味が味をひきしめて美味しい~。

にんにくすりおろしが入っているのでちょっとパンチもあり。

もし居酒屋などでこんなメニューがあったら、毎回注文してしまいそうだな~ と思うほど気にいっています。

我が家では、主人と私2人でこのレシピの分量をぺろりと食べてしまいます。

調味料と材料をささっと混ぜるだけの簡単レシピなので、手軽に作ることができるうえ、身体にいいものをたくさん食べたな~ といい気分になれるのもいいところです。

こんないいことばっかりの美味しいほうれん草のレシピ。
公開してくださった方に感謝です。

ほうれん草の茹で方も、この冬知った下記の方法なら、すぐ茹で上げることができるので、もうこれまでの茹で方をする気になれません。
この茹で方を知ったから、上記のレシピも面倒がらずに作ることができます。

もっと早く知りたかった~!

スポンサードリンク

奥園式ほうれん草の茹で方

このほうれん草の茹で方は正確に言うと「茹でる」ではなく「蒸す」という料理法となるかと。

あの、奥薗壽子(オクゾノトシコ)さんのほうれん草の茹で方です。

「ズボラ人間の料理術 定番レシピ」という奥園さんの本で紹介されているのですが、実に簡単です。

お湯をたっぷりわかす必要がないので、すぐ茹で上げることができます。

奥園式ほうれん草の茹で方

1. ほうれん草をよく洗う。

2. フライパンに100mlの水を入れる。

3. フライパンの水が沸騰したら葉から入れ、フタをする。
フライパンの中のほうれん草の下側がしんなりしたら(約1分ほど)、ほうれん草全体をひっくり返す(これまで上だった方を下にする)。
全体がしんなりしたら取り出す(1分足らず)。

4. 取り出したほうれん草を水でさらす、冷やす。

5.水気をきっちりしぼる。

文字で書くと、なにやら面倒?に感じるかもしれませんが、この方法だとこれまでみたいにお鍋にたっぷりのお湯を必要としないので、あっと言う間にできます。

奥園さんがこのほうれん草の茹で方をTVで披露した際も、周囲の方々から
「おいしい~!」
と絶賛だったとか。

ほうれん草の旨味が逃げ出さないのか、私もこの茹で方のほうれん草の方が美味しいと思います。

↑この奥園さんのほうれん草の茹で方を紹介しているクックパッドのレシピもご紹介します。
こちらも上記のレシピよりもっと簡単でなかなか美味しいです。
https://cookpad.com/recipe/457732

奥園式ほうれん草の茹で方を友人にも知らせたところ、
「教えてもらって以来、この方法ばっかりだよー」
と喜んでもらえました。

今まで何十年も、あんなに大げさにほうれん草を茹でていたのがなんだか空しい…(笑)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする