和歌山白浜の湯舟が真水入りの袋だらけの温泉松乃湯。営業時間や駐車場は?

スポット
スポンサーリンク

和歌山県白浜町に、湯舟に真水入りの袋が入っている、あるいは真水入りの袋を抱えて湯舟に浸かっている人がいるという温泉 松乃湯があります。

知らずに入っていくとぎょっとする光景かもしれません 笑

松乃湯は地元の人に親しまれている共同浴場で、泉質は塩分濃度が高く、源泉も66.8℃と高めの温度。
素朴な施設なので、お風呂の中は真水が出る蛇口が一つあるのみです。

温泉の湯で頭や身体・顔を洗うと塩気が残るため、蛇口から真水を入れる袋を各自で持参して入浴する仕組みです。

そんな、白浜 松乃湯の場所・営業時間・駐車場や定休日、ツイッターの口コミをまとめました♪

和歌山・白浜の温泉 松乃湯の場所・営業時間・駐車場・定休日

和歌山・白浜 松乃湯の場所

住所/和歌山県西牟婁郡白浜町瀬戸743-1

白浜バスセンターから徒歩ですぐです。

パッと見ると温泉施設とはわからない、一見公民館風な外観の共同浴場松乃湯。

入口の料金箱にお金を入れて入るセルフスタイルです。
内装は昭和レトロでそういった趣があります。

・電話番号 0739-43-0988
・営業時間 13:00~21:00  ※最終入場は終業時間の30分前まで
・定休日 毎週火曜日、第三水曜日
・料金 大人:300円 小人:100円 (税込)
※石鹸、タオル等の販売有
・駐車場 5台
 

白浜 松乃湯 駐車場

和歌山・白浜の温泉 松乃湯の湯舟が袋だらけな理由と口コミ

松乃湯の湯舟が袋だらけな理由は、 海がすぐそばなこともあり塩分濃度が高いため、顔や身体、髪を洗う際に使う自分用の真水をビニール袋・ポリ袋に入れて温泉で温めるためです。

スポンサーリンク

なぜかというと、お風呂の中には真水のでる蛇口が一つしかないというシンプルな施設だからです。

その蛇口から袋に真水を入れて、真水入りの袋を温めないと、冷たいままで洗うことになってしまうので。。

松乃湯は塩分濃度が高いので身体が芯から温まります。
特に冬にはぴったりの温泉との声が多数です。

温泉に浸かるだけが目的なら袋は必要ないかとも思いますが、肌の弱い人はお湯から出る時に真水で流した方がいいかもしれません。

松乃湯の前から眺める円月島や夕景色

松乃湯は温泉雑誌によると、明治時代から営業している温泉です。
海辺の温泉で風情がありますね。
写真右奥に円月島が見えます。

松乃湯でぽかぽかになった身体で風景を楽しみながら海岸をそぞろ歩き。
ぼーっと景色を眺めていたいです。
白浜の魅力をたっぷり満喫できますね。


日本各地にはいろいろな温泉がありますが、袋を抱えて入る温泉松乃湯、なんだか楽しそうです。

面白がってやっておくと、いつまでも記憶に残るいい思い出ができるのではないかな~。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました